トップページ > 掲載商品一覧 > 育毛剤 > リッチハーベスト薬用育毛ローション

リッチハーベスト薬用育毛ローションの評価!

カプサイシンの効果を最大限に高めた高品質の薬用育毛ローション!
リッチハーベストは「IGF−1理論」に基づき開発されたハイクォリティーな薬用育毛ローションです。
若返りの成分とされる「IGF−1」は、トウガラシの辛味成分として有名なカプサイシンによって生成されることが知られていますが、ダイエットにも利用される「ラズベリーケトン」にはさらに高い生成効果があります。その上、育毛剤にありがちな刺激臭もなく、よい香りのする育毛ローションとして格別な人気を誇っています。育毛剤は日課にして使い続けるものですから、この点は意外と重要です。
芳香に優れているのも当然で、ラズベリーケトンは、その名の通りラズベリーに含まれている香り成分です。カプサイシンと同様の効果があるとされ、知覚神経に作用することで毛母細胞を活性化させ、IGF−1の生成を促進して細胞の老化を防ぎます。

そもそもIGF−1理論とは?

岡嶋教授が発見された「IGF−1理論」とは、毛乳頭の活性が落ちて髪の生長が止まってしまっても、IGF−1を補給することにより、毛乳頭に作用して再活性化させるという理論です。IGF−1という物質は元来、人間の体内に常に存在していますが、トウガラシでおなじみのカプサイシンと、大豆の成分としておなじみのイソフラボンを同時に摂取することにより生成させることができます。そしてそれらの成分とは別に、ラズベリーケトンにも、IGF−1の生成促進作用が発見されたのでした。



IGF−1を生成して増やすことが育毛につながるという説は、すでに臨床研究において食品成分を使って立証されています。男性型脱毛症(AGA)はもちろん、円形脱毛症や前頭脱毛症などなど、すべての脱毛症に効果が認められており、確かな育毛効果がある理論として立証されているのです。

リッチハーベスト薬用育毛ローションは、そうしたIGF−1研究の目覚しい成果を踏まえ、同様の効果があるラズベリーケトンを採用。その上で、髪の成長をうながす「D-パントデニルアルコール(パンテノール)」や、毛細血管に作用して頭皮の血行をうながす「ニコチン酸アミド(ナイアシン、ビタミンB3)」、そしてタンパク質を合成する補酵素になる「ビタミンB6」も配合されています。


リッチハーベストが有効な症状

リッチハーベストは、毛髪の元になる毛母細胞の活性化と、頭皮の老化の予防に効果があります。薄毛や抜け毛などで失われた髪の育毛、脱毛予防、フケに代表される頭皮の異常、病後および産後の脱毛予防に有効です。また、更年期などで細くなってしまった髪のケアにも効果を発揮します。

「ダブルインパクトサプリ」や「リッチハーベストシャンプー」との併用による相乗効果で、より効果的な育毛を実現することも可能です。

商品情報
商品名 リッチハーベスト薬用育毛ローション
価格 価格:7,900円
提供会社 株式会社コスメティックアカデミー