トップページ用語集一覧ま行> マラセチア菌

マラセチア菌とは?

マラセチア菌とは、カビのたぐいの総称である真菌の一種のことです。マラセチア菌はヒトなら誰もが持っている菌です。外耳炎の原因として知られていましたが、最近では脂漏性皮膚炎の原因になっていることも判明しています。脂質を好む性質を持ち、皮脂の多い鼻の周囲や頭皮に増殖して炎症を起こします。
頭皮にマラセチア菌が増殖すれば、皮脂や頭皮の老廃物が毛穴に詰まり、抜け毛を引き起こす原因となり後に脂漏性脱毛症につながる恐れもあります。

用語集